木材ならではの経年変化による風合い


天然木製パネル「WOOD PANEL(ウッドパネル)」と「WOOD BRICK WALL PANEL(ウッドブリックウォールパネル)」は木材で作られているため、経年変化と共に木材の色に「深み」が出てきます。

この「深み・味」は、木材が「太陽光・室温・湿度」などに影響され起こります。
木材の成分の中で最も光に敏感なのがリグニンと抽出成分というものです。これらの成分が紫外線などの光を吸収して、分解し、変性していく過程で木材の色が変化していきます。
これにより、木材の種類によって異なりますが、色が濃くなっていくもの、反対に色あせていくものなどが出てきます。
弊社ではウォールナットやポプラを使っていますので、色に深みが出てきます。
尚、ウッドデッキなどで使われる木材が色あせていくのは、紫外線だけでなく雨水による劣化があるからだそうです。


木材で作られた室内や家具は、紫外線を吸収するとともに光の屈折を拡散させる効果もあります。これにより目への刺激を抑えてくれて、疲れにくく居心地の良い空間を生み出してくれます。
そんな木材の風合い変化を楽しめる弊社の商品をぜひお部屋に取り入れて頂けましたら幸いです。