みなとみらいショールーム周辺の横浜散策 vo.6

弊社「みなとみらいショールーム」は、横浜みなとみらい地区という観光やアートに恵まれた場所にあり、特に横浜周辺は明治以降の近代遺産が多く、観光しながら近代日本の歴史も学べます。
ここでショールーム周辺の散策スポットをご紹介させていただきます。


●「旧居留地90番地の大砲」を訪ねて

横浜開港記念館の側に(開港広場)ひっそりと大砲が飾られています。
これは明治時代に製造された11ポンドカノン砲になります。
90番地(山下町90番地)にはスイスの商社でシーベル・ブレンワルト商会というものがありました。
オランダ東印度会社のエンクハイゼン商館所属船の備砲をここで錨に造り替えるために置いておいた際に、関東大震災で埋没したと推定されています。
1959年、建物跡地の工事中に発見された3門の大砲のうちの1つで、2003年に横浜市に寄贈され、現在地に移されました。
明治初期の外国人居留地に関わる遺物として大変貴重な資料になります。


弊社「みなとみらいショールーム」では、天然木製パネル「WOOD PANEL(ウッドパネル)」「WOOD BRICK WALL PANEL(ウッドブリックウォールパネル)」という壁面にアート・デザインもを施せるパネルの実物を展示〜販売しております。
みなとみらいの歴史に触れながら、散歩の途中で弊社ショールームにお立ち寄り頂けましたら幸いです。