ウッドブリックの取付けに役立つ POINT①

弊社の商品「WOOD BRICK WALL PANEL(ウッドブリックウォールパネル)」及び「WOOD PANEL(ウッドパネル)」を飾るうえで役に立つPOINTを紹介致します。


「WOOD BRICK WALL PANEL(ウッドブリックウォールパネル)」及び「WOOD PANEL(ウッドパネル)」を壁に飾る際に、ビスを打ちつける場所は

●下地の間柱・胴縁

ここに打ち付ける事を推奨します。

「間柱」は、木造や鉄骨造に必要な部材の1つです。基本的に、木造・鉄骨造でも間柱の使い方は同じです。
これは壁の補強材で、壁の厚さによって部材寸法が変わるため、普通ひとつの建物に数種類の寸法の間柱が必要となります。
使われている場所は柱と柱の間にあって、たとえば土台と胴差しの間、胴差しと梁の間に立てる柱のことです。

「胴縁」は大壁の壁下地として、合板や石膏ボードなどを取りつけるために横に流す下地材です。
間柱が基本縦に立っているのに対して胴縁は横に取り付けられています。

この柱にビスを打ちつけると一番強度(荷重に対し)が高くなります。
こちらを参照に取り付けて頂けましたら幸いです。